見附市で瓦からSGL鋼板屋根への葺き替え工事  屋根、外壁リフォーム工事なら任せてください!安心施工をお届けします (有)高橋板金

見附市で瓦からSGL鋼板屋根への葺き替え工事  屋根、外壁リフォーム工事なら任せてください!安心施工をお届けします (有)高橋板金

施工前

見附市で瓦からSGL鋼板屋根への葺き替え工事  屋根、外壁リフォーム工事なら任せてください!安心施工をお届けします (有)高橋板金

施工後

所在地: 見附市
工事内容: 瓦から板金屋根への張り替え工事 軒裏張り工事 雨樋付け替え工事
工事日数: 概3週間

内容:

こちらは去年の4月見附市にて施工をさせていただきました現場です。

瓦屋根からSGL鋼板の横張屋根への葺き替え工事の様子です。現場が市街地の中心辺りでしたのでとくに周囲の方々にご理解をいただきまして工事をさせていただきました。

築うん十年の歴史のある建物。過去の地震などを経て補修もたくさんされていましたがやはり古くなりズレや割れは多くみられます。そもそもの定年劣化はどうしても避けられませんね。瓦がヤセて厚みが半分ぐらいの物も。。

   

瓦を撤去した後、いつもは雨音軽減などの為の下地材を張りますが、今回は歴史のある建物なので屋根下地の補強を第一にかんがえ合板を張ってから一般の下地材より防水性に優れるゴムアスルーフィングを張りました。これで下地はしっかりです(^^♪

この屋根じつは長い!19mもあります。一般の問屋さんのトラックでは13mくらいの運搬が限界です。そんな場合、屋根材を短くしてつなぎ目を作って張る場合や条件が揃えば現場で屋根材を成形をしたりすることもできます。屋根材の継ぎ目を増やせば永年のうちにサビのリスクなどがでてくるので、今回は大型トラックでの運搬とさせてもらいました。

    

この建物の造りから軒裏からの排気が期待できず屋根裏に暖かく湿った空気が滞留する可能性がありました。屋根裏にそんな空気が過度に滞留してしまうと結露におおきくつながってしまいます。結露は永年のうちにカビ、腐食につながり屋根下地はもちろん建物にとっての大敵です!その現象を防ぐために棟(屋根の一番上)からの排気、換気をさせる方法をとりました。 

 

2022.02.19
フォームでのお問い合わせはこちら