瓦屋根を板金屋根へ葺き替え工事 

先日、日曜日のことですが。。。

建物自体は築80年程でおそらく最初はこば屋根だったと思われるセメント瓦葺きの屋根から横張の板金屋根への葺き替え工事をスタートしました。天候は100%良いとは言えませんでしたが、仮設足場の日程などを考慮して天気予報と睨めっこをしながら工事日程を決めさせてもらいました(;^_^A

屋根の下地具合が気になりましたが、建物全体の造りがしっかりしていて屋根も予想以上にしっかりしていました。ただ、こば屋根だったことは解っていたので屋根下地の補強にはベニヤ板を使用しました。これで屋根面の凸凹もカバーできます。

この屋根の大きな特徴で工事の悩み所でもあった屋根の長さが16m以上というところは、大型トラックでの現場運搬で賄いました。条件が揃えば、現場で加工成形を行うことも可能です。

こうして沢山の手を借りて予定通りどうにか屋根材も上げることができました。

2021.04.26
フォームでのお問い合わせはこちら