張り替え、リフォーム工事の外壁材を紹介!

早いものでゴールデンウイークも終わろうとしていますが、ここで過去の工事の中からゴク一部を画像で工法や材料の紹介をしてみようかとおもいます。

 

   

先ずは角浪、右側はリブ浪です。外壁材としてはお手頃ではないでしょうか?ガルバリウム鋼板やSGL鋼板で成型します。基本は外壁材ですが軒裏(屋根の裏側)などにもおすめです。裏と表を逆さまに成型することも。なかなかオシャレになりますよ☆彡成型はカラーサンプルから色はお好みで選ぶことができます(-ω-)/

 

    

金属系サイディング、横デザインと縦のデザインがあります。住宅の張り替え、リフォーム工事では1番メジャーな外壁材ですね。裏側に断熱材が付いていますので断熱性と軽量な材料なので耐震性を併せ持っています!最近ではデザインも色々、そして塗料も機能を備えていますので、塗膜も長寿命になっています。

 

  

左がスパンドレル、右が角スパンドレルです。ガルバリウム鋼板で成型します。角浪は表面に釘が出ますが、こちらは角浪と違い表面に釘が出ません。角浪よりより住宅向けと言えるでしょうか? たまたまどっちも濃い色ですが、お好みでカラーサンプルから選択かのうです(^^♪

 

 

最後にエバールーフ。ルーフと言うだけあって元々は屋根材ですがここ数年は外壁にも施工することもたびたび。こちらも色はサンプルから選べます(>_<)

 

下地はまだ十分耐久性が有る場合や方角によて傷んでいたり、白アリが入っていたりと。。。色々なケースがあります。必要に応じて修繕や作り替えをさせていただきます。

 

各種外壁材を紹介をしましたが、少しでも工事のヒントになればありがたいです(^^ゞ 最近ではお好みの外壁材で3Dデザインを作ることができる物のあります。もしも気になる外壁材があったらご相談をお待ちしております! 安心施工をお届けします(有)高橋板金

 

 

 

 

 

2020.05.06
フォームでのお問い合わせはこちら