それぞれ違う条件の中で。

ここ数日は完全なる冬型で風が強い!風が強いと体感温度も下がるし、凍るし。。。もう大変ですね。

そこで屋根に目を向けると風の通り道がよくわかりますね。本屋には雪がないのに下屋だけには雪があったり、屋根の形によっては西面は雪が吹き飛ばされてまったくないのに西面、北面には山モッコになっていたり、同じ方角でも一部分だけに溜まっていたりとか。建物は四方八方で必ずしも同じ条件ではありません。たまたま屋根&雪でのお話をしていますが、もちろん屋根ばかりではなくて外壁や雨樋も日差しの強い方、弱い方や風当り。。びっくりするのが植物のあるなしなどでも建物に与える影響は変わってきます。一軒の廻りでもいろいろな条件でまったく違ってくるということがいえますね。それぞれの画像があればわかりやすいのですが(-_-;)

ときにはその色々と違う条件に合わせて臨機応変に施工をしていくことも大切だと高橋板金では考えています。

 

2021.12.27
フォームでのお問い合わせはこちら